賃貸VS持家〜不動産所有のメリットとは

賃貸VS持家〜不動産所有のメリットとは

不動産の購入を考えている人も、色々と迷われているかとは思います。ただ、不動産価格が下がっている今、「買い時」と判断している人も増えているようです。不動産は一生に一度の大きなお買い物。しっかりと知識を付けてからマイホーム購入を検討しましょう。

不動産を所有した場合の注意点

不動産を所有した場合の注意点

@不動産自体の資産価値下落のリスク

国内では地価の下落傾向が続いています。この地価動向の未来予測ができない上に、少なくとも「建物」としての価値が低下していくのは避けられません。また地震などの天災によるリスクも考えられます。   

A借り入れ金利の上昇リスク

金利上昇リスクは固定金利で借り入れを行うことで防止できますが、目先の金利は変動の方が低いので、どちらで借りるのが安くつくのかは検討事項です。 

B収入が減少することによる返済負担増加のリスク

不動産を所有した場合の良い点

不動産を所有した場合の良い点

@一般的な賃貸物件よりは、分譲の物件の方が設備の良いものが多い

壁が厚かったり、共用部分、ゴミ置き場や廊下、エレベータ等の施設も分譲の方が管理されている。

A自分好みの空間作りが可能

注文住宅に限らず、価格の手頃な中古マンション、一戸建てをリノベーションして、オリジナルの居住空間を確保することも可能です。

B家賃をはらわなくていい

賃貸生活は、いくら家賃を払い続けても、決して手元に資産が残ることはありません。老後のことを考えると、持ち家の方が安心できるというのは間違いないでしょう。

中古マンションの良い点

中古マンションの良い点

不動産を買ったからといって、もちろん老後までずっと住むという人ばかりではないでしょう。 子どもが独立したら売って住み替えたいと考えている人は多いです。

そんな人は、値下がりしにくく、転売しやすい中古の一戸建てなどがオススメ。ほとんど土地の値段のみで購入できる場合も多く、いざ売る場合にも土地としての資産価値は確保できることが多いのです。仮に、地価が下がり、値段が買値の半分になっても、ある程度の期間住んでいれば、家賃を払うよりは安いので、購入に対するリスクはかなり抑えられるともいえそうです。

中古不動産のメリット@|価格が安い

中古不動産のメリット@|価格が安い

不動産の価格は、新築の販売時が一番高い。これは単に「新しいから」という理由だけでなく、新築販売時の広告宣伝費(モデルルーム設置費、案内スタッフの人件費、チラシ配布費用など)が上乗せされていることも原因です。中古住宅なら、年数経過による単純な価格下落だけでなく、こういった広告宣伝費も抑えられるので非常にお得感が高く、マンションの場合なら、前オーナーの修繕積立金もそのまま受け継ぐことができます。これなら、余った予算でこだわりのオリジナル住宅へリフォーム・リノベーションも可能。他と違う個性的な家に住むことができ、古い家の趣を活かした隠れ家的リノベーションといった選択肢も増えるので、新築購入とはまた違ったマイホーム所有の喜びが生まれるかもしれません。

中古不動産のメリットA|種類がおおい

中古不動産のメリットA|種類がおおい

数に限りがある新築マンションと違い、幅広い価格帯で、どんなエリアからでも探す事ができるのも、中古マンションの魅力です。憧れの街、自分の生まれ育った街、好きな街に住みたい!という方だけでなく、通勤の利便性、お子さんの学区にこだわりがある方もたくさんいるはず。

中古不動産のメリットB|実物が確認できる

中古不動産のメリットB|実物が確認できる

新築物件のほとんどは、完成前に販売されている。モデルルームやモデルハウスで確認することはできるが、周辺環境や近隣の住民、管理の状況などは確認できません。この点、中古住宅の場合は実際に内見して情報を集めたり、まだ前オーナーが居住中であれば、直接暮らしぶりを聞いてみることもできる。特にマンションの場合は、エントランスやゴミ置き場などの共用部分の管理状況が住み心地に大きく影響するもの。周辺環境も、建物と違って自分で手を入れることのできないもの。大きな買い物なので、この目で見て買うことはとても大切でしょう。

中古マンションを内覧するときのチェックポイント

中古マンションを内覧するときのチェックポイント

せっかく中古マンションの内覧に行っても、後からまた確認したいことが出てきたりして、二度手間、三度手間になってしまうことがあります。そんなことにならないためにも、内覧に行く前には、事前に確認事項を整理して準備万端にしてから出かけましょう。現地に赴く前に、見学する中古マンションのどういう点を注意して見るべきかをリストアップしておきましょう。事前に見るべき点のチェックリストを作っておけば、現地に行っても無駄な時間を過ごすこともなく時間を有効に使えますし、迷うこともございません。さらに、時間に余裕があれば、事前に周辺環境を調べておくと良いでしょう。これは後からでも大丈夫ですが、時間帯を変えて周辺環境をチェックすることは大切です。

ひらめき不動産内覧のチェックポイントはこちらをクリック

中古マンションの選び方と希望条件の優先順位 

中古マンションの選び方と希望条件の優先順位 

中古マンションを購入したいと思ったら、物件探しをする前に、まずしておかなくてはならない大切なことがあります。それは、中古マンションの希望条件について、きちんと整理しておくことです。人によって、希望条件はさまざまだと思いますが、物件選びをするにあたって重要なことです。下記をクリックして確認してみよう。

ひらめき中古マンションの選び方と希望条件の優先順位はこちらをクリック