会社設立|一人で会社を設立したい

とりあえず一人で起業したい。

取締役

株式会社に取締役会を置かないことも可能です。この場合、取締役1人で会社設立することになります。1人で独立起業したいという方には、取締役を1名とする機関設計が最適でしょう。

会社設立|友人と一緒に起業したい

友人と一緒に起業したい

1.取締役
2.
取締役
監査役
3.
取締役
会計参与

少人数の友人と独立起業し全員が取締役となる場合、取締役会を開催する都度、全員が集まることは難しいと思われるので、取締役会は置かず取締役だけを置くという選択肢もあります。また友人とはいえ、他人との共同経営という形になるので、取締役の職務執行を監査することのできる監査役や、会計のプロである会計参与を置くと、よりしっかりとした会社経営が期待できるでしょう。

会社設立|上場を目指すような会社を設立したい。

上場を目指すような会社を設立したい。

1.取締役会監査役会計監査人
2.
取締役会
監査役会会計監査人
3.
取締役会
監査役会会計監査人会計参与

上場を目指すような大きな会社では設立当初から取締役会を設置するのが良いでしょう。取締役会を設置すると、取締役個人ではなく、取締役会が会社の業務執行を決定するようになります。また、会計面も強化する必要がありますので、監査役または監査役会及び会計のプロである会計監査人を設置することが望ましいといえます。  

 

会社設立|金融機関の信頼を得られるような会社を設立したい

金融機関の信頼を得られるような会社を設立したい。 

1.取締役会計参与
2.
取締役
監査役会計参与
3.
取締役会
監査役会会計監査人会計参与

金融機関が会社に融資を行なう際、会計参与の有無を重視する可能性があります。よって計算書類の信頼性を高めるために、会計に関するプロである会計参与を会社設立時から設置することが望ましいでしょう。また監査役会及び会計監査人を置く会社は、監査に力を入れているとの評価につながる可能性があります。