不動産売買の手順|1.資金計画

売買の流れ 

1.資金計画

どのくらいの物件を買えるかは、手持ち資金と住宅ローンの合計で決まります。その合計は、物件価格だけではなく、購入にともなう様々な経費を物件価格に加える必要があります。経費も含めて資金の準備をしておきましょう。

そこで、マイホーム取得では自己資金の割合と、どれだけのお金を借り入れることをできるかが最大の関心事になります。すぐに購入したいのであれば、自己資金の上限は決まっているので借入の方法と返済計画がポイントとなるでしょう。できるだけ安い金利負担で、自分に無理のない返済計画を組むことを目指しましょう。

不動産売買の手順|2.現地確認

2.現地確認

1回の確認だけで満足してはいけません。休日や平日、時間帯などいろんな条件の下で、判断することが大切です。また、家族全員の意見を聞くようにしましょう。 そうすれば、独りよがりな見方を回避することができます。物件を見るときは、漠然と見るのではなく、希望条件にどこが合致しているかを客観的に判断することがポイントです。そのためには、あらかじめ物件や周辺環境を見るためのチェックポイントをまとめておくのもよいでしょう。

不動産チェックポイントの確認はこちらをクリック

不動産売買の手順|3.売買契約を結ぶ

3.売買契約を結ぶ

次は売買契約の締結です。
契約書はその内容によって法的な制限を受けることになります。いったんサインをすると、後戻りができません。将来トラブルが発生した場合、この契約書の内容に基づいて解決されることになります。
特に契約解除に関する合意事項や各種税金の負担方法の規定についてもよく確認します。これらの内容は、うっかり忘れていたではすまされない非常に重要な項目です。添付される設計図書にも目を通します。自作される場合は取引相手と話し合って双方の要望を入れて且つ司法書士などの法律専門家に相談するようにしてください。

契約書作成の注意点はこちらをクリック

不動産売買の手順|4.ローン申込み

4.ローン申込み

売買契約締結時に手付金を売主に支払い契約が完了したら決済残金の資金準備にかかります。この資金に住宅ローンを使用する場合は申込みが必要となりますが、その後の流れは、民間の金融機関と公的金融機関で異なります。ご自分の融資手段がどういうステップを踏むのか、各ステップにどれくらいの日数がかかるのか、どんな書類等が必要なのかを調べて、遅れのない様に注意してください。さらにもう一つ注意点として、借りられるはずの住宅ローンが借りられない場合は購入が不可能になる場合がありますので、こういう事態に直面した時の取決めも契約書に記しておきましょう。

国民生活金融公庫融資のよくある質問はこちらをクリック

民間融資のよくある質問はこちらをクリック

 

不動産売買の手順|5.残金支払い及び登記

5.残金支払い及び登記

残金決済日が近づいたら、司法書士や融資機関と密に連絡をとり、当日持参する書類や金銭等を確認します。引渡し前に行われるのが、現地確認。これは、物件の最終チェックです。買主と売主双方が立会いのうえ売買契約書にもとづき境界の確認、物件の状況確認、その他売主から買主への引継ぎ事項等の確認を行います。残金決済は買主、売主、司法書士等が同席して行われます。残代金の授受は、売主から買主への所有権移転登記が万全に行える旨の確認が、司法書士より得られた後に行います。その後、残金決済と税金の精算が行われ終了となります。物件の引渡しを受けたら、司法書士よりお客様名義に登記をさせていただきます。

不動産売買の手順|6.引渡し及び入居

6.引渡し及び入居

引っ越しでは、住民票の移動をはじめ、電気・ガス・水道・電話の移転手続き、金融機関・保険会社への住所変更届さらに荷物の整理・梱包、粗大ゴミの処分など、やらなければならないことが様々あります。どこで何をしなければならないか、誰に何をしなければいけないかなど、予め計画を立てて準備しておきましょう。