一般社団法人の司法書士報酬(半額キャンペーン中)

司法書士報酬  通常価格 15万円 
半額キャンペーン  -50
司法書士報酬(キャンペーン適用後) 75000

さらに、オンライン申請をご希望の場合−3000円の税額控除が可能です。


司法書士正村事務所 画像(7).jpg

司法書士正村事務所 画像(8).jpg

一般社団法人とは

一般社団法人.jpg

一般社団法人とは

新制度で誕生する一般社団法人とは、これまでの社団法人と違い、必ずしも「公益」を目的とする必要はありません。そのため、自分達の利益追求であっても、適切な設立手続きを取れば一般社団法人は成立します。 一般社団法人を設立すると、名称の前後どちらかに「一般社団法人」という文字を使用しなければならず、その一方で一般社団法人ではない者(団体)が「一般社団法人」という文字を使用することはできません。  

一般社団法人の特徴|簡易な設立手続き

簡易な設立手続き

一般社団法人は、事業の目的や公益性を問わず、株式会社のように公証役場での定款認証と法務局での登記手続きだけで設立することが可能になりました。
また、社員は2名以上で設立可能であり、設立時の財産保有規制も特にありません。
 

一般社団法人の特徴|身軽で自主的な運営が可能

身軽で自主的な運営が可能

一般社団法人の必ず置かなければならない機関は、「社員」「社員総会」「理事」のみで、理事会や監事、会計監査人の設置は任意です。また、これまでの社団法人と違って、設立登記のみで成立する一般社団法人については、その運営や母体に対する行政庁の監督がありませんので、自主的且つ身軽な運営も可能になります。

一般社団法人の特徴|税金上のメリット

税金上のメリット

一般社団法人は原則課税のグループと、原則非課税のグループに分かれます。定款の内容や内部組織の規制等、一定の要件を満たすことで「非営利型の一般社団法人」となることができます。この「非営利型の一般社団法人」と認定されることで、収益事業以外の収入(会費収入等)に関しては、公益認定を受けなくても原則非課税となります。

一般社団法人の特徴|多様な活用方法

多様な活用方法

一般社団法人は先述の通り、事業目的の規制がない為、特に他の法律で禁止されている業種でもない限りは、どのような事業も行なう事ができます。公益事業はもとより、営利会社(株式会社)のような自己の利益を追求する「収益事業」を営むことも可能ですし、協同組合や中間法人のような「共益事業」(メンバーの利益を追求する活動のこと)を行うことも可能です。そのため一般社団法人は、様々な事業の法人化に活用できる制度であると言えます。

一般社団法人の特徴|その他の注意点

その他注意点

・事業年度毎の計算書類、事業報告書の作成及び備置き、開示が必要
・貸借対照表の公告必要
・他の一般社団法人及び一般財団法人との合併が可能
・定款において基金制度の採用が可能
・社員による役員の責任追及の訴えが可能

公益社団法人とは

平成20年12月新しい公益法人の制度が施行されることにより、新しく設立できるようになる社団法人です。新しい制度では、社団法人を「一般社団法人」と公益事業を行うことを目的とする社団法人である「公益社団法人」に分けられる事になりますが、公益社団法人は一般社団法人の中で、都道府県知事や内閣総理大臣の公益認定を受けた法人のことを言います。

 

つまり、新しく公益社団法人を設立したいと思っても、いきなり公益社団法人を設立できるわけではなく、まず一般社団法人を設立して、その後、公益認定を受けて、公益社団法人となるというプロセスを経る必要があります。

 

一般社団法人設立後、公益認定を受け、公益社団法人になると、公益事業を行う社団法人であると認められると共に、一般社団法人と比べて一定の税の優遇等を受けることができます。(ただし、行政庁の監督下に置かれます。)

 

また、平成20年12月以前にすでに存在する社団法人は、新制度スタートに伴う移行手続き(公益認定申請)を行う事により、公益社団法人になることができます。公益社団法人になるためには、内閣総理大臣または都道府県知事に対して公益認定申請を行う必要がありますが、公益認定基準という基準をクリアしないと認定を受けることはできません。

 

公益認定を受けるためには、様々な基準をクリアする必要があるため、公益社団法人化をご検討の方は、まずはご相談することをお勧めしております。

公益社団法人の欠格事由

尚、欠格事由として下記のような法人は公益社団法人とはなれません。

欠格事由
・暴力団員等が支配している法人
・滞納処分終了後3年を経過しない法人
・認定取消し後5年を経過しない法人