所有権保存登記とは

所有権保存.jpg

 

 

 

所有権保存登記とは


所有権保存登記とは、所有権の登記のない不動産について、初めてされる所有権の登記を言います。建物が新築されると、最初の所有者は1カ月以内に建物の物理的状況(どのような建物か)を公示する「表示登記」を行います。それに続いて登記用紙の所有者の欄に、「誰が所有者か」を示す「所有権保存登記」が記載されます。以後、この保存登記を基礎として売買や相続といった所有権の移転や抵当権の設定・抹消といった不動産の権利変動に関する登記がなされます。 

所有権保存のご依頼方法(費用・必要書類など)はこちら

不動産を新築された方|司法書士費用(司法書士手数料)|保存登記

 

知ってましたか? 司法書士により登記手数料が違います!  

 

司法書士はお客様が自由に選べます。  

 

司法書士正村事務所は不動産購入(新築)の登記手数料(所有権保存登記費用)が

 

 24,800円〜   

 

不動産会社や銀行の紹介する司法書士は、登記手数料が高い可能性があります。

 事案によりますが、当司法書士事務所より数万円〜十数万円高い場合もございます。

 この登記手数料(司法書士費用)を負担するのは、ご依頼者様ご自身ですので、登記手数料を節約するためにも、遠慮なさらずに、積極的に司法書士手数料を比べてみてください。 不動産という大切なお買物。後悔しないためにも一度ご相談ください。

 

gazou6.jpg

 

クリック 不動産保存登記費用が安いワケその理由は…


司法書士|保存登記フローチャート.jpg

所有権保存登記には減税措置があります。

住宅用家屋証明制度

新築又は取得したもの、つまり注文住宅又は分譲住宅で、建ってから1年以内に所有権保存登記をするなどの一定の要件を満たせば登録免許税が1000分の4が、1000分の1.5に軽減されます。

この場合、不動産所在地の市町村役場や区役所等で「住宅用家屋証明書」を交付してもらいます。所有権保存登記をする際に、住宅用家屋証明書を添付し、減税措置を受けます。

司法書士正村事務所は住宅用家屋証明書の取得代行も行っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

司法書士正村事務所 画像(7).jpg