小額訴訟とは

少額訴訟制度の特徴


@60万円以下の金銭支払に関する訴訟が対象です。なお、金銭の支払を求める訴訟に限られます。
(活用例)
 ・商品を納品したのに代金を支払ってもらえない場合
 ・借金を返してくれない場合
 ・敷金を返してくれない場合
 ・交通事故などの損害賠償金を支払ってもらえない場合
 ・アルバイトなど給料を払ってもらえない場合・・・など

 

A審理は1回で即日判決
少額訴訟の場合は原則として1回の審理で双方の口頭弁論を行い、その日のうちに判決が下されます。通常の民事訴訟のように何度も審理が行われ、その都度裁判所に出頭する必要がありませんので、非常に迅速です。

 

B証拠・証人は簡易なものに限定
少額訴訟の場合、証拠となる書類や証人は、原則として審理の日にその場で確認できるような簡易なものに限定されます。証拠調べが複雑だったり、証人が複数存在する場合など、とても一日で審理を終わらせることが困難な場合には、通常訴訟に移行となる場合があります。

少額訴訟のメリット

@簡単・・・すべての手続が原則として1日で終わります。


A迅速・・・手続が1日で終わること、また、勝訴判決には必ず仮執行宣言が付くので、すぐに強制執行が可能です。


B安価・・・訴訟費用が安い(印紙代500円〜3000円+切手代)。

少額訴訟のデメリット

@判決に不服でもその上の裁判所(地方裁判所)に控訴はできません。


A被告が通常の民事訴訟に移行するよう求めた場合は少額訴訟はできません。


B金銭の請求以外には利用できません。


C相手方に支払能力がないと判断される場合には向いていません。

少額訴訟の流れ

@訴状の作成・提出
まずは訴状を作成し、簡易裁判所に提出します。

 

A第1回期日の連絡を受領する
簡易裁判所は、口頭弁論の期日を指定し、連絡をくれます。また、原告には、証拠書類を口頭弁論の期日までに提出するよう依頼があります。

 

B期日に裁判所へ出廷
当日は証拠や証人を登場させて、自分の正当性を主張しましょう。

 

C判決
裁判官が双方の主張を聞いて判決を言い渡します。異議申立がなければそれで確定します。

小額訴訟のご依頼方法

@事前相談
本HP「お問い合わせフォーム」、または電話により小額訴訟に関する事前相談を受けつけております。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご依頼手続.jpg

Aお申込み 
本HP「お問い合わせフォーム」から、または電話によりお申込み下さい。メールでのお申し込みの場合では折り返し、当事務所より確認のご連絡をさせて頂きます。
ご依頼手続.jpg
B打ち合わせ

電話、FAX、面談等による打ち合わせで概要を決めていきます。なお、面談につきましては、ご希望の日にこちらからお伺いして、打ち合わせをさせて頂くことも可能です。
ご依頼手続.jpg
C必要書類の収集・書類の作成
Bの内容に従い書類の作成作業に入ります。
ご依頼手続.jpg
D書類の署名捺印等
作成書類にご署名、押印等頂きます。
ご依頼手続.jpg
E小額訴訟の申立て

管轄裁判所に訴状を提出します。


以上が小額訴訟につき基本的な手続きの流れになります。詳細についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

少額訴訟の司法書士報酬(半額キャンペーン中)

司法書士報酬  12万円 
半額キャンペーン  -50%
司法書士報酬(キャンペーン適用後) 6万円


司法書士正村事務所 画像(7).jpg