仮差押とは

 

仮差押とは、強制管理や競売といった強制執行がなされる前に、債務者が債権者から取り立てられないように財産を勝手に第三者に移してしまったり、処分してしまったりということを防ぐために、一時的に債務者の財産を差押えてしまうよう裁判所から出される命令のことをいいます。


差押さえられる対象となるのは不動産、動産、債権などです。債権者が申し立てることによって発令されますが、債務者に事前に知らせて財産隠しなどをされてしまうことを防ぐために書面審査だけで裁判所が発令するため、債権者は保証金を供託する必要があります。

 

仮差押される対象が不動産ですと、登記簿にその旨が記載され、その債務者の不動産が仮差押状態であることが関係者に公開されます。

 

仮差押の登記は、保全命令を出した裁判所の書記官の嘱託により執行されます。この登記の手続きには1週間くらいかかりますが、その間にもし債務者が不動産をこっそり売り飛ばしてしまおうとしても、登記手続きは受付の順に処理されるので、債権者の仮差押登記のほうが債務者の移転登記よりも先にされていることで債権者は移転登記を取り消すことができます。これにより、財産の不当な財産隠しは防ぐことができるわけです。

仮差押をする場合

仮差押をする場合は、下記のとおりです。

・売上の未払金がある

・家賃の未払金がる

・損害賠償を請求しようとしている

・請負代金を支払わない

上記は、一事例です。その他にも様々な場面がございます。

詳しくはお問い合わせください。

仮差押の手続

必要書類を集める


請求や仮差押の対象物により必要書類が異なります。詳しくはお尋ねください。

ご依頼手続.jpg 

 

申立書の作成


ご依頼手続.jpg 

 

申立書の提出


管轄裁判所に提出します。

ご依頼手続.jpg 

 

保証金の供託


裁判官が仮差押の必要があると判断すると、仮差押の決定とともに保証金の額が通知されます。
当該金額を法務局へ供託します。

ご依頼手続.jpg 

 

仮差押の登記の嘱託


上記供託の事実が確認されると、裁判所は法務局に仮差押の登記をします。

ご依頼手続.jpg 

 

登記簿を取得して確認


1週間から2週間くらいで登記が完了しますので、完了後の謄本を取得して仮差押が記載されていることを確認します。

仮差押のご依頼方法

@事前相談


電話またはメールにより仮差押に関する事前相談を受けつけております。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご依頼手続.jpg 

 

Aお申込み


電話またはメールにより仮差押をお申込み下さい。メールでのお申し込みの場合では折り返し、当事務所より確認のご連絡をさせて頂きます。
ご依頼手続.jpg



B打ち合わせ


電話、FAX、面談等による打ち合わせで概要を決めていきます。なお、面談につきましては、ご希望の日にこちらからお伺いして、打ち合わせをさせて頂くことも可能です。
ご依頼手続.jpg



C必要書類の収集・書類の作成


Bの内容に従い書類の作成作業に入ります。
ご依頼手続.jpg


D書類の署名捺印等


作成書類にご署名、押印等頂きます。



ご依頼手続.jpg
E仮差押の申立て


管轄裁判所に仮差押申立書を提出します。



以上が仮差押につき基本的な手続きの流れになります。詳細についてはお気軽にお問い合わせ下さい。 

司法書士報酬と費用(仮差押)

司法書士報酬 

12万円 

半額キャンペーン  -50%
司法書士報酬(キャンペーン適用後) 請求金額の1% または最低額 6万円

 


司法書士|フローチャート.jpg


 

司法書士正村事務所 画像(7).jpg