遺言書の種類

遺言書には、下記の3種類があります。 それぞれの、遺言にはそのメリットとデメリットがあります。  
 

 

自筆証書遺言

メリット  
・一番簡単で費用がかからない。
・ 自分の思ったとおりに自由に作れる。
・ 遺言の作成を秘密にしておける。
  
 
デメリット
・ 紛失の恐れがある。
・ 第三者によって偽造・変造される恐れがある。
・ 一定の知識がないと、余計にトラブルの元になることもある。
  
 
 

公正証書遺言

 メリット
・ 何より安心・確実である。
・ 思いのほか手続が簡単。
 
 
デメリット
・ 手間と費用がかかる。
・ 遺言の存在・内容が公になる。  
 


秘密証書遺言

メリット
・ 内容を秘密にできる。
   
 
デメリット
・ 手間と費用がかかる。
・ 遺言の内容は秘密にできるが、遺言の存在は秘密にできない。
 
 

 

以上のようなことを十分に検討したうえで、自分に一番合った遺言を作るようにしましょう。

 

お勧めは公正証書遺言

専門家としてお勧めするのは、やはり『公正証書遺言』です。

そして、公正証書遺言を作る際は専門家である司法書士に依頼するのが安心だと思います。遺言には遺言執行者を置くことができ、その資格に制限はなく、誰がなってもいいのですが、それもまた事前の打ち合わせの上、司法書士を指名しておけば、あとになって遺言執行者に就任してもらえるかどうかの心配もいりませんし、全てが職務上のこととして円滑に進むことになります。証人2人にも、その司法書士がなってくれますし、司法書士などには法律上の守秘義務があるので、遺言の内容が外に漏れる心配はありません。

完成した遺言も、そのまま司法書士に保管しておいてもらえば、なお安全で、そこに保管してある旨を必要な者にだけ知らせておき、さらに、司法書士に家族には秘密にしておいて欲しい旨を伝えておけば、これはもう秘密証書遺言を作ったのも同然です。

秘密証書遺言は、内容は自分で作らなければいけませんが、公正証書遺言の作成を司法書士に頼んでおけば、内容についての失敗をすることもありません。公証人は、方式については厳格に注意を払いますが、遺言の内容については立ち入ることはなく、細かい相談にはのってくれません。しかし、司法書士に遺言の作成を頼めば、全ての事情を考慮して最も良い遺言を作ってくれるのです。また、秘密証書遺言は、公証人が保管してくれるわけではありませんが、公正証書遺言の場合は原本は公証役場に保管されますし、しかも現実の正本・謄本の保管も司法書士がするので安心です。

このようにいろんな点で司法書士などの専門家が関与して作成した公正証書遺言は秘密証書遺言に勝るのです。ですから、公証人を誰にするかという前の段階から、司法書士にお願いするのがよいでしょう。確かに、専門家に頼めば、それだけの費用はかかりますが、何千万円もする遺産の行方を確実にすると思えば、それほど高いとはいえないでしょう。下手な遺言を書いてしまい、余計問題がこじれる場合もありますので、少しでも不安を感じている人は、一度当事務所にご相談下さい。