抵当権抹消|住宅ローンの返済が終わったら

抵当権抹消.jpg

 

住宅ローンの返済が終わったら

住宅ローン等の返済が終わり、金融機関から抵当権抹消(抵当権解除)の必要書類一式が送られてきた場合には、土地や建物などの不動産に設定されている抵当権を抹消(解除)する登記手続きをしなければなりません。  

 

抵当権の抹消登記をしないで放置しておくと、その不動産に抵当が付いている状態なので売却することができなくなったり、新たな融資を受けることができなくなるおそれがあります。  

 

そのような予定がない場合でも、金融機関から交付された書類の中には有効期間が3ヶ月のものがあったり、また、登記抹消をせずに放置しておくと、金融機関の合併、商号変更、代表者の交代などにより、抵当の抹消に別の証明書が必要になるなど、とても面倒になることがあります。  

 

ですから、金融機関から抵当権抹消の必要書類を受け取った場合には、できるだけ早く抵当権抹消の登記手続をされることをお勧めします。

 

抵当権抹消登記を司法書士に依頼するメリット

抵当権抹消登記を司法書士に依頼する場合のメリット  

 

その1  手間が省けます


煩わしい抹消登記手続きは一切不要!お客様がすることは、ご連絡・書類の受け渡しだけです。 そのため、法務局へ出向く必要もございません。抵当権抹消登記が完了した後の銀行手続きもすべて司法書士が行いますのでご安心ください。  

 

その2  正確な業務で間違いがありません


抵当権抹消登記の専門である司法書士が抵当権解除書類作成から登記申請・回収まですべて行いますので安心です。

 

 

抵当権抹消登記の司法書士手数料はこちらをクリック