相続登記

相続.jpg


 

相続は、ある日突然やってきます。  

ご遺族の方は悲しみの中にも、決められた期限内に所定の相続手続を行わなければなりません。  

その際、その手続の多さや煩雑さ驚き、戸惑う方も多いようです。

おそらく、実際に相続が起こるまで、自分とは無関係だと思っていらっしゃったでしょうから、相続が起きてはじめて、相続経験のある知人に相談したり、相続関係の本を買い求めたりされることでしょう。  

しかしながら、相続関係の本には遺産整理につき典型的な事例しか解説されていません。

あなたが置かれている状況とまったく同じケースが掲載されているとは限らないのです。  

あれこれ悩むより、まずは司法書士などの相続の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。  

相続人・相続財産の調査、相続財産の名義変更など、相続に関する面倒な手続をあなたに代わってさせていただきます。

相続手続きの流れ

1.被相続人の死亡「相続の開始」


・死亡届の提出 (死亡届は、相続後7日以内に死亡診断書を添付して市区町村長へ提出します)

・火葬許可申請書の提出

・葬儀の準備

ご依頼手続.jpg

2.葬 儀


・葬式費用の領収証など整理 (相続財産から控除することができます。)

ご依頼手続.jpg

3.相続財産の整理 


・遺言書の有無の確認 (遺言書があれば、家庭裁判所で検認を受けます。)

・相続人の確認

・相続財産、債務の調査 (相続放棄または限定承認をするか否かを決めます。)

ご依頼手続.jpg

4.相続放棄(相続拒否)または限定承認  相続放棄の詳細はこちらをクリック


家庭裁判所に相続放棄(相続拒否)申述します

注意! 相続放棄または限定承認は相続開始を知った時から3か月以内にする必要があります

ご依頼手続.jpg

5.遺産分割協議  遺産分割協議の詳細はこちらをクリック


・遺産分割協議書の作成

ご依頼手続.jpg

6.被相続人の所得税申告と納付

ご依頼手続.jpg

7.相続税の申告と納付


注意! 相続税の納付は原則として相続開始後10か月以内にする必要があります

・相続税の申告書作成  (納税の方法、延納・物納の検討をします。)

ご依頼手続.jpg

8.相続財産の名義変更手続


・不動産(土地・建物)の相続登記、名義変更登記

相続手続き|あなたはどのケースに該当しますか

相続の取分(相続分)は法律で決まっています。

この取分は相続人全員の合意のもと遺産分割協議などで変更することもできますが、まずはご自身の相続取分はどのくらいあるのか、下記の表を参考に確認しておきましょう。

  

相続取分.jpg

子と配偶者はこれだけもらう


子が2人以上いれば子の相続分である1/2を、さらに子同士の頭数で分けます。配偶者の相続分には変化はなく、子が何人いようと常に1/2です。したがって、妻と子2人の場合の相続分は、以下のようになります。
⇒妻が2/4 妻の子(2人)が各1/4ずつとなります。


親と配偶者は配偶者の方が多い


子がいないときには、血族として(配偶者と共に)親が相続人になります。親が何人いようと1/3を頭数で分けるのは子の場合と同じです。配偶者の相続分には変化がなく、親が何人いようと常に2/3です。

 

兄弟はさらに少ない


子や親が1人もいない場合は兄弟姉妹が(配偶者と共に)相続人になります。兄弟姉妹がその分を頭数で分けるのは@Aと同じです。


片方だけならその分多くもらえる


配偶者または血族のどちらかがいない場合は他方だけが相続人になります。例えば、相続人が配偶者のみで、子、父母、兄弟姉妹がいないときは、配偶者が全ての相続分を取得します。逆に、配偶者がいなくて相続人が被相続人の兄1人であれば、その兄が全ての相続分を取得します。


遺言で変わる法定相続分  遺言書(遺言状)の作成はこちらをクリック


法定相続分は、以上のとおりですが、これは絶対なものではありません。被相続人は遺言(遺言書)で、相続分を指定することができます。この場合、1人の相続分だけを指定してもよく、他の相続人の分について指定していなければ、残余の相続財産についての法定相続分がその者の相続分になります。

 

 相続登記のご依頼方法(費用・必要書類など)はこちらをクリック