相手方に会わずに財産分与の手続きを進めることもできます

離婚に伴い不動産の財産分与をする場合、原則として、当事者と司法書士が立会いのもと手続きを進めます。

何らかの事情で、お互い会いたくない場合は、お互いは会うことなく、司法書士が各当事者と、別々の日でお会いさせていただき、手続きを進めることも可能です。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14932396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)