登記簿謄本取得代行|不動産登記簿謄本の見方

不動産登記簿謄本の見方

不動産登記簿には、土地登記簿と建物登記簿の2つがあり、それぞれ「表題部」と「権利部」に分かれています。さらに権利部が「甲区」と「乙区」の2つに分かれています。そして、土地については1つの土地ごとに、建物については1棟ごとに登記がなされています。

各部分には次のような情報が記載されています。

 

1)表題部

土地の登記簿  所在・地番・地目・地積

建物の登記簿  所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積

 

2)権利部(甲区)所有者に関する事項が記載されています。その不動産の所有者は誰で、いつ、どんな原因(売買、贈与、相続など)で所有権を取得したかがわかります。

 

3)権利部

(乙区)抵当権など所有権以外の権利に関する事項が記載されています。銀行などからの借り入れは(抵当)この乙区を調査して確認できます。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14001502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)