既存違反建築物でないか|不動産取引のチェックポイント

4.既存違反建築物でないか|不動産取引のチェックポイント

建物付きでも、現在の建築基準法上、再建築するときに同じ面積のものが建たない場合があります。また、建ペイ率、容積率オーバーになっている場合は住宅ローンが融資されない場合もありますので注意をしてください。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13998381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)