滅失済みの建物の登記が残っていないか|不動産取引のチェックポイント

3.滅失済みの建物の登記が残っていないか|不動産取引のチェックポイント

土地取引をする場合、旧建物は解体撤去済み、現状、更地なのに、登記上建物が残っている場合があります。売主側で解体業者の証明をつけて滅失登記を完了しておいてください。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13998380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)