給排水・ガス・電気設備|不動産取引のチェックポイント

2.給排水・ガス・電気設備|不動産取引のチェックポイント

建物付きの場合はほとんど問題ありませんが、土地取引の場合は給水管が何処まで来ているのか、前面道路に埋設されていてもそれが公設管か他人の私設管か、分岐して宅地へ引けるのかなど確認しておきましょう。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13998379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)