未登記建物や共有施設の有無|不動産取引のチェックポイント

9.未登記建物や共有施設の有無|不動産取引のチェックポイント

一戸建ての場合等で、未登記建物があると、買主に住宅ローンが実行されません。これは登記済み建物のみに抵当権を設定していても、いざ、抵当権の実行(例、延滞による競売等)という段になって、未登記部分には抵当権が及ばないため、債権者の貸金回収が困難になるからです。取引前には必ず、未登記部分がないかチェックしておきましょう。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13998376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)