債務超過の場合|不動産取引のチェックポイント

 8.債務超過の場合|不動産取引のチェックポイント

売主は、債務残高の方が売却金額よりも多い場合には、その差額の資金手当てをどうするか、準備が必要です。とに角、借入金残高全額を返済しないことには、抵当権の抹消を銀行等の債権者はしてくれません。売主は、売買契約締結後、抵当権抹消ができないとなると、場合によっては売主違約で手付倍返し(預かった手付金の倍額を、買主に支払うこと)になる可能性もございます。必ず、売りに出す前に確認しておくことです。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13998375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)