一般社団法人の特徴|身軽で自主的な運営が可能

身軽で自主的な運営が可能

一般社団法人の必ず置かなければならない機関は、「社員」「社員総会」「理事」のみで、理事会や監事、会計監査人の設置は任意です。また、これまでの社団法人と違って、設立登記のみで成立する一般社団法人については、その運営や母体に対する行政庁の監督がありませんので、自主的且つ身軽な運営も可能になります。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13995473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)