一般社団法人の特徴|税金上のメリット

税金上のメリット

一般社団法人は原則課税のグループと、原則非課税のグループに分かれます。定款の内容や内部組織の規制等、一定の要件を満たすことで「非営利型の一般社団法人」となることができます。この「非営利型の一般社団法人」と認定されることで、収益事業以外の収入(会費収入等)に関しては、公益認定を受けなくても原則非課税となります。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13995472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)