一般社団法人の特徴|多様な活用方法

多様な活用方法

一般社団法人は先述の通り、事業目的の規制がない為、特に他の法律で禁止されている業種でもない限りは、どのような事業も行なう事ができます。公益事業はもとより、営利会社(株式会社)のような自己の利益を追求する「収益事業」を営むことも可能ですし、協同組合や中間法人のような「共益事業」(メンバーの利益を追求する活動のこと)を行うことも可能です。そのため一般社団法人は、様々な事業の法人化に活用できる制度であると言えます。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13995471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)