債権譲渡登記のメリット

債権譲渡登記のメリット

債務者にとって、通常の債権譲渡により債権を担保に提供すると、取引先(第三債務者)に債権譲渡の通知が届いてしまうため、経営状況が思わしくないのではないかと勘ぐられてしまうおそれがありました。債権譲渡登記であれば実際に債務を支払えなくなるまで通知を保留してもらうことが容易になります。債権者としても、簡単な手続(債権譲渡登記をするだけ)で対抗要件を備えることができるというメリットがあります。 また、通常はお金を貸す際の担保というと不動産が代表的ですが、不動産以外も担保にできるメリットもあります。これにより不動産を所有していない債務者にも資金を貸しやすくなったといえます。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13995454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)