任意売却|モデル事例

これまでに受けた任意売却のご相談事例のなかから、典型的なケースをまとめてみました。あなたが次のケースのいずれかに当てはまるのなら、一度ご相談ください。 

 

ケース1

住宅ローンの返済ができず、催告書などが届いている

銀行などの債権者から、催告書、督促状などが郵送されてきているのであれば、すぐに任意売却などの対策を考えてください。そのまま放置していれば、競売となる可能性がございます。

 

ケース2

動産を所有する自営業者の方で、住宅ローン以外の借入金があり、その返済ができずに悩んでいる

 事業の運転資金として借り入れた融資金と住宅ローンの返済に追いまわされて苦しんでいるような場合も、任意売却の活用による再建を考えてはいかがでしょうか。 

 

ケース3

所有する不動産に対し、債権者から競売を申し立てられている

このようなケースは時間的な余裕がまったくありません。早めにご相談ください。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13992893
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)