公証人の認証手続きとは、どういったものなのでしょうか

公証人の認証手続きとは、どういったものなのでしょうか
定款の存否、定款作成の有無、定款の内容等の紛争と不正行為を防止するため、定款の作成とその内容を明確にしておく必要があります。そこで、設立に当たっては、発起人が定款を作成してそれに署名又は記名押印し、会社の本店所在地を管轄する地方法務局所属の公証人の認証を受けなければなりません。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13991997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)