遺言を発見したらどうすればいいですか

遺言を発見したらどうすればいいですか

相続人全員が揃っていても遺言書の開封は認められません。遺言の内容によっては遺言執行者が必要な場合もあり、遺言者の指定がない場合、家庭裁判所が遺言執行者を選任します。

・家庭裁判所で検認開封

公正証書遺言以外の保管者または発見者は、相続開始の後、速やかにこれを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければなりません。これを怠った場合5万円以下の過料に処せられます。また、故意に遺言書を隠していた場合、相続人であれば相続人資格や遺贈を受ける資格が失われます。封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人またはその代理人のもとで開封しなければならず、たとえ相続人全員が揃っていても家庭裁判所以外の場所で開封すると過料に処せられます。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13991975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)