譲渡する債権の債務者は誰に支払えばよいのですか

譲渡する債権の債務者は誰に支払えばよいのですか
債権譲渡登記は、第三者対抗要件と債務者対抗要件を分けて、債務者対抗要件は、登記事項証明書を交付して通知をすることです。したがって、その通知を受けるまでは、債務者は元の債権者(譲渡人)に支払えば大丈夫です。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13990777
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)