債権譲渡登記の延長登記とは

債権譲渡登記の延長登記とは
債権譲渡登記の存続期間を延長する登記です。債権譲渡登記の存続期間は、@譲渡債権の債務者がすべてが特定している場合は50年以内、A譲渡債権の債務者が特定していない場合は10年以内と規定されています。延長登記を行う際も、債権譲渡登記がされたときから上記の期間を超えることはできません。ただし、上記の期間を超えて定めるべき特別な事由があればその旨を証する書面を添付して、50年以上または10年以上の期間となる延長登記をすることができます。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13990774
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)