会社設立のメリット その5

赤字が7年間繰り越せます

個人事業の場合と異なり、会社設立をして法人化すると7年間の繰越控除の特例が受けられるようになります。当該特例が受けられることにより、仮に大きな赤字が発生してしまっても、その後7年間は毎年の利益と相殺することができ、毎年の税金負担を軽くすることが可能となります。個人事業の場合においても3年間の繰越控除の制度はございますが、法人の場合に適用される7年間の繰越控除には及びません。このことも会社設立のメリットといえるでしょう
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13968289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)