契約書作成の注意点|裁判管轄

9.裁判管轄

取引の相手方の住所により、管轄する裁判所が異なる場合があります。そのため、遠隔地の相手方と契約する場合には、裁判管轄についても定めておくことが望ましいといえます。

例)第〇条(裁判管轄)

本契約に関して、訴訟の必要が生じた場合には、甲の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の管轄裁判所とする。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13409639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)