契約書作成の注意点|担保責任

6.担保責任

売買の目的物に、隠れた瑕疵が発見された場合の責任規定です。

責任範囲を狭めたり、責任そのものを排除することもできます。

例)第〇条(担保責任)

甲は乙に対し、本件不動産につき、契約締結の日から1年間瑕疵担保の責任を負うこととし、右期間経過後は一切責任を負わないものとする。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13409634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)