契約書作成の注意点|解除

2.解除

契約の不履行による解除の他、当事者で解除事由を定めておくことができます。

また、解除につき催告を要しない旨を規定することにより、催告をせず即解除することもできます。

例)第〇条(契約解除)

甲または乙が本契約に基づく債務につき不履行をなした場合、相手方は何らの催告も要せずに、直ちに本契約を解除することができる。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13409628
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)