債権譲渡登記とは

債権譲渡登記.jpg

 

債権譲渡登記とは

債権譲渡登記がされることで、第三者に債権譲渡を主張できます。譲渡人は法人に限定となります。これまで、債務者が多数いる場合、民法所定の手続き(通知又は承諾)を取ると、費用・時間の面で負担が大きいという問題がありました。そこで、負担が少なく簡便な方法として債権譲渡登記制度が誕生しました。なお、債務者に対して譲渡を主張するためには、債権譲渡の登記後、債権譲渡の登記事項証明書(登記簿謄本)を債務者に交付し通知する方法と債務者が承諾する方法があります。債権譲渡の登記事項証明書の取得も承りますのでお気軽にお申し付けください。

債権譲渡登記制度の見直し


平成17年10月3日に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」が施行され,債権譲渡登記制度については,企業が有する資産を有効に活用し,更なる資金調達の円滑化・多様化を図るため,債務者が特定していない将来債権の譲渡についても登記によって第三者に対する対抗要件を備えることが可能となりました。 

例えば、将来入居する人に対する賃料債権や在庫商品の将来の売却による売掛金などへの利用が考えられます。

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13381064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)