離婚による財産分与の対象財産

離婚による財産分与協議の際、下記3種類の財産について検討する必要がございます。

 

離婚による財産分与手続の対象となる財産は

「共有財産」と「実質的共有財産」の2つです。

 

「特有財産」は財産分与手続の対象になりません。

 

特有財産
結婚前から各自が所有していたもの。結婚中に一方が相続したり贈与をうけたもの。


共有財産
夫婦の合意で共有とし、共有名義で取得した財産、共同生活に必要な家財・家具等。


実質的共有財産
結婚中に夫婦が協力して取得した財産で、夫婦の一方の名義になっているもの。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13380962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)