助成金とは

助成金とは、雇用保険の適用を受けた事業主が、一定の条件を満たしている場合に、政府から支給される『返済不要』の公的支援制度のことです。

助成金は多くの場合、「従業員の雇用管理の改善」や「失業を未然に防ぐ」といった政府が目指す方針に基づき支給されるもので、助成金の財源は雇用保険の一部が割り当てられています。

雇用保険の適用事業主は雇用保険料を払っているわけですから、助成金をもらう権利があると言えるのでしょう。

 

※助成金の業務つきましては、社会保険労務士の専門分野となります。ここでは、助成金の一般的なご説明をさせて頂きますが、詳しくは社会保険労務士または社会保険事務所等にご確認ください。

お知り合いの社会保険労務士の先生がいない場合には、当司法書士事務所にて「助成金に強い社会保険労務士」をご紹介させて頂いております。どうぞお気軽にご相談ください。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13375071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)