遺言はどのような効力がありますか

相続分の指定・・・誰にどの割合で相続させるかを指定できます。民法の法定相続分を変更できます。


認知・・・婚姻届を出していない男女間に生まれた子を、親が戸籍上の手続きによって自分の子だと認めることです。遺言によって認知されてもその子は相続人になれます。


遺贈や寄付による財産処分・・・遺産を特定の相続人や法定相続人と関係ない第三者に贈ったり(遺贈)、公益法人などに寄付できます。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13350416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)