遺留分とはなんですか

遺留分とは、一定の相続人のために法律上必ず留保されなければならない遺産の一定の割合のことです。遺留分を有する相続人は、兄弟姉妹以外の相続人、つまり、配偶者、子、直系尊属です。現実に受けた相続財産が遺留分に不足しているときは、減殺請求をすることができます。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13350414
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)