相続分はどのように決まっているのですか

相続分とは、法律で決められた相続人に対する相続分の割合です。民法では相続人の相続順位を次のように定めています。
相続人が配偶者と子の場合
配偶者が全遺産の2分の1を、子が2分の1を相続します。子が複数いるときはこの2分の1を均等に分けます。子が3人いれば子1人あたりの相続分は全遺産の6分の1になるわけです。
ただし、非嫡出子は嫡出子の2分の1となります。

被相続人に子がいない場合
配偶者が全遺産の3分の2を、直系尊属が3分の1を相続します。配偶者がいなければ直系尊属が全遺産を相続します。

被相続人に子も直系尊属もいない場合
配偶者が全遺産の4分の3を、兄弟姉妹が4分の1を相続します。兄弟姉妹の相続分は原則として均等に分けます。ただし、父母の一方が異なる場合の兄弟姉妹の相続分は、父母双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。
上記のように法律で定められた相続分ではなく、相続人全員で相続財産をどのように分けるかを決めることもできます。これを遺産分割協議といいます。遺産分割協議をする際に未成年者がいるときには注意が必要です。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13350413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)