相続財産とは、どのような財産ですか

相続の対象となる遺産は、土地や預貯金といったいわゆるプラスの遺産ばかりではなく、故人の借金などのマイナスの遺産もその対象となります。プラスの遺産としては、土地・建物、現金、預貯金、株式、家財道具、自動車、貸付金の債権、損害賠償請求権などがあります。マイナスの遺産としては借金、債務、損害賠償金などがあります。
相続開始を知ってから3ヵ月を過ぎると、単純承認といって、借金や債務までも一切を含めた遺産を引き継がなければならなくなります。相続によって得た財産の限度で債務を弁済する相続の形を限定承認といいますが、限定承認をするためには、相続開始があったことを知った日から3ヶ月以内に、被相続人の住んでいた地域を管轄する家庭裁判所に申立てをします。限定承認は、相続人全員の意思が一致していなければなりません。遺産の総額をはるかに超える額の借金が残っている場合には相続権を放棄することができます。相続放棄の申立ては、相続開始があったことを知ってから3ヵ月以内に、被相続人の住んでいた地域を管轄する家庭裁判所で行います。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13350412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)