所有権保存登記とは

所有権保存.jpg

 

 

 

所有権保存登記とは


所有権保存登記とは、所有権の登記のない不動産について、初めてされる所有権の登記を言います。建物が新築されると、最初の所有者は1カ月以内に建物の物理的状況(どのような建物か)を公示する「表示登記」を行います。それに続いて登記用紙の所有者の欄に、「誰が所有者か」を示す「所有権保存登記」が記載されます。以後、この保存登記を基礎として売買や相続といった所有権の移転や抵当権の設定・抹消といった不動産の権利変動に関する登記がなされます。 

所有権保存のご依頼方法(費用・必要書類など)はこちら

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13347701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)