現物出資をご存じですか?

現物出資とは、増資の際に金銭ではなく物(パソコン、車、不動産、有価証券など)により出資することをいいます。

例えば資本金500万円の株式会社を設立する場合、現金で300万円出資し、残りの200万円を200万円の価値のある車を現物出資することにより、資本金500万円で資本金額を増加することができます。

 


現物出資で増資をするメリット

 

その1 資本金の額を増やせる


対外的な信用度を上げたい・・・などの目的で、少しでも資本金を増やしたいという場合に。

 


その2 減価償却をして節税ができる


現物出資をして、会社の物にすることによって、会社として減価償却が可能となります。
耐用年数内であれば、減価償却ができますので毎年費用として計上することが可能です。売上額から費用を引いた額に税金がかかりますので、節税につながるのです。

 

 


現物出資で増資をするデメリット

 

現物出資をした後の手続きが必要


現物出資とは、個人所有の財産を会社所有の財産にすることで、会社からその対価として新株をもらうということです。個人から現物出資として引き渡された財産は以後会社のものになります。このように、個人から会社に財産の所有権が移転しますので、その財産によっては所有権を移転する手続が必要になるものもあり、財産の移転、保有などに関する各種税金も発生することがあります。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13297683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)