贈与税とは

※贈与税の業務つきましては、税理士の専門分野となります。ここでは、贈与税の一般的なご説明をさせて頂きますが、詳しくは税理士または税務署等にご確認ください。

 

お知り合いの税理士の先生がいない場合には、当司法書士事務所にて「贈与税に強い税理士」をご紹介させて頂いております。どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

不動産贈与時の税金

個人から現金、不動産などの財産をタダで貰った場合に掛るのが贈与税です。
会社など法人から財産をもらったときは贈与税はかかりませんが、所得税がかかることになっています。


特に注意したいのは、時価より著しく低い価格で、不動産を購入した場合や金銭の支払いが無いのに不動産の名義を変更したり、借金の返済の免除を受けた場合、贈与という気はしないのですが、贈与税の課税対象となります。

 


一般的な贈与税の計算


(一年間に贈与を受けた価格の合計)−[基礎控除額(110万円)]×税率=税額


基礎控除が110万円という事で、年間110万円までの贈与については税金がかかりません。

 

 

なお、贈与税につき、下記の特例もございますので、自分に該当するか確認してみましょう。

 

配偶者への居住用不動産の贈与の特例

相続時精算課税制度

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13297187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)