遺産分割協議のやり直し

遺産分割協議は相続人全員の合意により成立します。いったん成立すれば効力が生じ、無効や取消の原因がない限り、原則としてやり直しすることはできません

では遺産があとになって新たに出てきたという場合はどうなるのでしょう。この場合も、その遺産について新たに協議をすることになります。

ただし、漏れていた財産が一部の相続人に隠匿されたものであったり、遺産全体の中で大部分を占めるときは、従前の遺産分割協議の無効を主張することができる可能性があります。

以上のようにいったん成立した遺産分割協議は原則として解除できませんが、相続人全員の合意があればその合意によって先の遺産分割協議を解除し、新たに遺産分割協議をすることができます。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13293799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)