役員変更登記とは

役員変更.jpg

 

 

 

役員変更登記とは


会社設立した後、役員(取締役、代表取締役、監査役)に変更があった場合には役員変更の登記を申請しなければなりません。

 

特に注意が必要なのは株式会社です。株式会社の役員には任期(期限)があり、たとえ役員が変わらなくとも、任期がきたら役員の変更登記をする必要があるのです。

 

役員変更の登記をしないで放置しておいた場合、100万円以下の罰金が科されたり、場合によっては、強制的に解散させられてしまう可能性もありまので、任期が来た場合には、速やかに役員変更の登記を行いましょう。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13293715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)