相続手続き|あなたはどのケースに該当しますか

相続の取分(相続分)は法律で決まっています。

この取分は相続人全員の合意のもと遺産分割協議などで変更することもできますが、まずはご自身の相続取分はどのくらいあるのか、下記の表を参考に確認しておきましょう。

  

相続取分.jpg

子と配偶者はこれだけもらう


子が2人以上いれば子の相続分である1/2を、さらに子同士の頭数で分けます。配偶者の相続分には変化はなく、子が何人いようと常に1/2です。したがって、妻と子2人の場合の相続分は、以下のようになります。
⇒妻が2/4 妻の子(2人)が各1/4ずつとなります。


親と配偶者は配偶者の方が多い


子がいないときには、血族として(配偶者と共に)親が相続人になります。親が何人いようと1/3を頭数で分けるのは子の場合と同じです。配偶者の相続分には変化がなく、親が何人いようと常に2/3です。

 

兄弟はさらに少ない


子や親が1人もいない場合は兄弟姉妹が(配偶者と共に)相続人になります。兄弟姉妹がその分を頭数で分けるのは@Aと同じです。


片方だけならその分多くもらえる


配偶者または血族のどちらかがいない場合は他方だけが相続人になります。例えば、相続人が配偶者のみで、子、父母、兄弟姉妹がいないときは、配偶者が全ての相続分を取得します。逆に、配偶者がいなくて相続人が被相続人の兄1人であれば、その兄が全ての相続分を取得します。


遺言で変わる法定相続分  遺言書(遺言状)の作成はこちらをクリック


法定相続分は、以上のとおりですが、これは絶対なものではありません。被相続人は遺言(遺言書)で、相続分を指定することができます。この場合、1人の相続分だけを指定してもよく、他の相続人の分について指定していなければ、残余の相続財産についての法定相続分がその者の相続分になります。

 

 相続登記のご依頼方法(費用・必要書類など)はこちらをクリック 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13293495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)