遺言書作成のポイント

内容はハッキリと書く  


遺言を書くにあたって気をつけて欲しいことは内容を明確に書くということです。

『明確に』とは、つまり意味不明にならないように主語・述語をそのつながりをハッキリと書くということです。

特に、遺言の内容が2通りに解釈されることのないように書かなければいけません。

要は、下手に内容を曖昧にしないで『断固として決める』ということです。   

 

土地の所在地や地番はお間違えなく  


人の名前を間違えることはあまりないと思いますが、家や土地の所在地や地番の間違いは少なくありません。また、人の名前を間違えることはあまりないと思いますが、書いたつもりで書き忘れることはたまにあります。ですから、遺言を書く前に必ず『相続人名簿』と『財産目録』を作ることをオススメします。 

このときの財産目録にその他の財産という項目を作っておき、細かいものは一切そこに入れてしまうのです。そうすることによって、できる限り書き落としがなくなる様にすることができます。  

 

遺言の内容に重みをもたすには  


遺言書は本来、結論だけを書けばいいのですが、なぜ、そのような配分になったのかという根拠を書いておくのがいいでしょう。 

自筆証書遺言であれば、遺言書自体に根拠を書いてもいいですし、公正証書遺言の場合は、遺言書の他にメモで補ってもいいでしょう。  

 

特別受益があった場合はこうする


特別受益とは、以前に相続人の誰かに何かしらの贈与をしてあって、それが相続分の前渡しとみなされるもののことです。

相続人は、普通家族であることが多いので、このような贈与があった事実はみんなが知っていますが、ときには、この贈与が誰も知らないことだってないとは言えません。ですから、遺言書でそのことに触れておいて関係者に注意を促すことが必要なときもあるでしょう。


逆に、特別受益がなかったのであれば、その旨を書いておいた方がいい場合もあるでしょう。

例えば、ある土地を相続人の1人に与えた場合、それが贈与であれば特別受益になってしまいますが対価をもらっているのであれば特別受益にはならないわけですから、その旨を遺言状やメモに残しておくのがいいでしょう。


ただし、そのような書類があったという事と、本当に対価の支払があったということは別問題ですので、通帳などによって振込みがあったことを立証する必要が別にありますが、仮にそのような裏づけがなくても、一応対価の支払があったことを遺言者本人が認めている限り、反証がない限りそれ自体が一つの証拠になるので、そのことを明記しておくということは十分に意味があるといえます。

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13293492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)