遺言書(遺言状)は遺産相続の紛争を予防します!

財産を持っている全ての人に遺言(遺言状)を書いておくことをお勧めします。  

 

現在、家庭裁判所に持ち込まれている遺産分割の争いのうち、大半は遺言を書いておけば防げた、と言われているくらいです。昔は、遺言を書くこと自体がなんとなく暗い感じがして嫌だなぁと思われてきましたが、今の時代にそんなことが言えるのでしょうか。 

 

あなたが遺言を書いておかなかったことにより、相続人同士が遺産相続をめぐり争いをし、家族が崩壊することだってあるのです。遺産の争いは、身内であるが故に、いったん話がこじれると骨肉の争いになり、収拾がつかなくなってしまうものです。  

 

こうしたことを考えると、遺言(遺言状)を書いておくということが、相続手続きを進める上でいかに大切な事かご理解いただけると思います。

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13293486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)