遺言書(遺言状)作成は専門家に相談しましょう。

最近は、一般市民にも遺言知識が普及したため、遺言を書く人が着実に増えてきました。


このこと自体は、大変喜ばしいことなのですが遺言をめぐる紛争もそれに比例して増加しているのも事実です。
 


そもそも、
遺言書(遺言状)を作成するには一定のルールがあり、それを守れていない遺言は基本的に無効となります。また、仮に、このルールは守れていたとしても、遺言の内容がハッキリとせずいろいろな解釈ができてしまうため、遺産相続に争いが起こることも少なくありません。 
 
法律というものは、とても奥が深いため、一般の方が、少し勉強したくらいでは、マスターできるものではありません。むしろ、法律を少しかじったくらいが一番危ないのです。ですから
中途半端な知識で遺言を書くということは、とても危険な行為といえます。よほど、単純な場合以外は遺言書(遺言状)作成にあたり専門家の判断を仰いだ方がいいでしょう。
 

遺言について少しでも不安があるのであれば、迷わず我々専門家に相談することをおすすめします。

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13293485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)